風俗で働くメリットはなんでしょうか?

風俗で働く前に確認しておきたいこと

副業として働くメリット

副業で働く場合、コンビニ・居酒屋などのバイトか、あるいは風俗か悩む方も多いのではないでしょうか。
普通のバイトは時給制ですので、フルに入ってもお小遣い程度です。
また、シフト制なので好きな時間に入ることもできません。
風俗の場合は、高収入のうえに、完全歩合制なので頑張ればそれ以上に稼ぐことができます。
自由出勤制なので働きやすくもあります。
風俗を専業にすると、安定した収入ではなく完全歩合制ですので、精神的に不安定になることがあります。
しかし、昼にメインの仕事があれば、いつ辞めても生活には困りませんし支障をきたす事態にもなりませんし、精神的負担も軽減されます。
安心感で気持ちに余裕が生まれ風俗の仕事にもプラスになるでしょう。

副業として働くデメリット

一番のデメリットは、やはり身バレでしょうか。
正社員の場合は、副業を規定で禁止しているところもありますし、認められていても風俗で働いていることが仕事の関係者にばれてしまうと、解雇されてしまうかもしれません。
念のために職場と離れた場所を選んだ方がよさそうです。
勤務後や休日に働くことになりますので、自分の時間は短くなってしまいます。
また、風俗の仕事は体力を使いますので、体調が悪い日は休んで余裕をもって出勤しましょう。
肉体的な負担が増えると、体調を崩すことも多くなります。
睡眠時間が短くなったり精神的負担からの体調管理に気を付けなければなりません。
性病感染の危険性もあります。
デメリットに対しての対策を考えて掛け持ちを行いましょう。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ